side-area-logo

Consulting

コンサルティング実績

三菱地所 レジデンスラウンジ 2015年1月もっと知りたい眠りのこと

詳細はこちら

三菱地所 レジデンスラウンジ 2015年7月真夏の快眠講座

詳細はこちら

日月荘 寝具プロデュース

詳細はこちら

ハイアットリージェンシー京都 心身一如パッケージプラン

詳細はこちら

ANAクラウンプラザ スリープアドバンテージ

詳細はこちら

 

複合施設「les trois maisons」客室プロデュース

 2007年に京都西陣にオープンした複合施設「les trois maisons」。このカフェは、京都の町屋を改造して作られています。特徴的なのは1階がカフェになっているのですが、2階にあがれば宿泊できる客室があることです。
この客室のプロデュースをこのカフェのオーナーに依頼され、寝具はもちろんのこと、より良い睡眠を得るために欠かせない光環境などのアドバイスを行い、客室作りのお手伝いをさせていただきました。
この客室は「古民家スタイル」(ワールドフォトプレス出版)、「Hanako」(マガジンハウス)、「cafe-sweets」(柴田書店)でも紹介されました。

新大阪のビジネスホテルで快眠連携

ホテルの眠りの質を少しでもよくしたい、という思いから新大阪のビジネスホテル4社が集まって始まった企画です。大阪の旅行企画会社が運営し、弊社は睡眠評価などのコンサルティングをしています。
ま ず、眠りの質をよくするためには、現状把握を実施。利用者が実際にビジネスホテルに宿泊された際に、普段と宿泊時の睡眠状態の差異や、気になる睡眠環境に ついて、アンケートを用いて調査しました。現在3回の調査が済んでおり、夏季・秋季・冬季に宿泊されたお客様の睡眠状態と気になる睡眠環境を把握すること ができました。

 次に、4社の寝具関係のメーカーとともに「快眠ルーム」を提案。ベッドや枕など、各社がオススメする商材をビジネスホテルにそれぞれ入れることにより、より上質な眠りを体験していただくことが目的です。
通 常の客室と「快眠ルーム」に泊まられたお客様の両方にアンケートをとり、2つの客室での睡眠状態と睡眠環境の比較も行いました。その結果、快眠ルームの方 が、「寝つきにかかる時間が短かった」と回答している方の割合が多いという結果になりました。この結果は日本睡眠学会の第33回定期学術大会で発表いたし ます。

豪華客船・飛鳥Ⅱ スペシャル企画「快眠セミナー」

080707_02.jpg飛鳥Ⅱは日本最大の客船で、船内にはプール、アスレチックジム、スパ、シアター、テニスコート、カジノ、シガーバーなどの施設が充実しています。

ク ラブツーリズム・丸の内倶楽部が主催する豪華客船「飛鳥Ⅱ」のチャータークルーズ。横浜港を出発し、5泊6日のクルージングで北海道・釧路、函館を訪ねま した。その豪華なクルージング中に開催されるスペシャル企画「快眠セミナー」の講師を務めました。クルージング中に2回、セミナーを行ったのですが、いず れも満席状態。睡眠のメカニズムやぐっすり眠るための秘訣をアドバイスしました。 [セミナー主催:味の素㈱]

宮家の元別邸で優雅な「快眠ワークショップ」IN 京都・元東伏見宮家別邸・吉田山荘

080707_03.jpg京料理の昼食を楽しんだ後、科学的に睡眠に良いとされる20分程度のお昼寝を実践。その後、チェックシートで自分の生活習慣を確認。

そ の結果をもとに「自分で快眠度を高める方法」を学んでいただきました。吉田山荘は昭和天皇の弟君、東伏見宮家別邸として建てられ、戦後料理旅館になりまし た。その由緒ある建物をお昼寝のスペースを確保するため、たった12人限定で借り切って開きました。とても贅沢な体験になりました。
KBSテレビ「ハッピーおとな塾」や毎日新聞の記事で紹介されました

「快眠ミュージアム」IN TEPCO銀座館

 080707_01.jpg東京・銀座のみゆき通りに面するTEPCO銀座館は東京電力の情報ステーションです。その4階のフロアーを全面使ったイベント、「快眠ミュージアム」を監修しました。  

こ のイベントは1ヶ月以上のロングランで開催されました。24時間を4つのシーンに分けて、快眠のヒントやグッズを紹介する「Comfotrtable Sleeping」や自分にピッタリの枕が探せる「Sleeping Goods Museum」など見所がいっぱいの企画で、朝までぐっすり、目覚めすっきりの快眠術を紹介いたしました。消費者参加型の「快眠ミュージアムツアー」では 各コーナーを、快眠テクニックを交えながらガイドさせていただきました。開催と当時に発行されたフリーペーパー「graph TEPUCO・快眠のススメ」も監修いたしました。
テレビ東京「ガイアの夜明け」の取材を受け、放映されました。